メニュー

検査

血液・尿検査

医師や専門家が特定の成分や状態を調べるために行われる検査のことです。病気の診断や治療計画の立案、健康状態のモニタリングに役立つ重要な検査です。

レントゲン検査

特定の部位をX線によって透視し、骨や内臓の異常、腫瘍、肺炎などの病気や病変を診断することができます。検査結果はモニター上で画像として表示され、適切な治療法を選択することができます。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)

胃カメラ検査とは、咽頭、喉頭、食道、胃、十二指腸を調べる検査のことです。

 

胸やけ、胃部不快感、胃痛などの症状がある

健診でピロリ菌が見つかった

などの場合は、カメラで直接観察することで、消化器疾患を正確に診断し、治療することが大切です。

また、自覚症状がない方でも、初期の胃がん、食道がんを早期に発見することが可能です。

 

当院では、細いカメラで鼻から挿入することで、苦痛の少ない検査を受けることが出来ます。

口から検査する場合でも、鎮静剤を使用し、ウトウトと寝たまま検査を受けることが可能です。

 

超音波検査(エコー検査)

超音波検査とは、超音波を用いて体内の病変を調べる検査です。体の表面にゼリーを塗り、超音波の出る端子(プローブ)をあてて、検査を行います。痛みや放射線にあたることがないのであなどはありません。

当院では、以下の検査をおこなっております。

腹部超音波検査・・・肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓、消化管、膀胱、前立腺などの病気がわかります。

心臓超音波検査・・・心臓の壁の厚さ、心筋の動き、弁の開閉、血液の流れを調べることで、心臓の病気がわかります。

頸動脈超音波検査・・・頸動脈の動脈硬化を調べることで、脳や心臓の病気の危険度が推測できます。

甲状腺超音波検査・・・甲状腺喉仏の下にある蝶のような形をした臓器で甲状腺の大きさや腫瘍をみることができます。

乳腺超音波検査・・・乳腺の状態や腫瘤の有無を調べることができます。

 

血圧脈波検査装置

血圧と脈波を計測する装置です。血圧の変動や脈波形の異常など、心血管系の状態を評価することができます。

骨密度測定

骨の強度や骨の健康状態を評価するための検査です。手のレントゲンを撮影し専門家が骨密度を計測します。骨密度測定は骨粗しょう症の早期発見や治療の効果を評価するのに役立ちます。女性は閉経後、骨密度が急激に減少しますので早期発見のために検査を行うことをお勧めします。

心電図

心臓の電気信号を記録するための検査です。患者さんの身体に機械を取り付けて、心臓の波形を計測します。心臓のリズムや異常な動きを見つけ、心臓病や他の心臓関連の問題を診断するのに役立ちます。

当医院ではホルター心電図を行うことができます。検査をご希望の方は医師にご相談ください。

ホルター心電図とは24時間 電極を付け日常生活を通して心臓の活動を詳しく分析する検査です。

睡眠時無呼吸症候群(簡易PSG検査)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは睡眠に関係する呼吸障害のひとつで、眠っているときに無呼吸や低呼吸状態になる病気です。

簡易PSG検査はいびきや日中の眠気などがあり、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われる患者さんに対して最初に行う検査です。当医院から携帯型の装置をお貸しします。就寝時に装着し、睡眠中の呼吸状態や酸素飽和度(SpO2)などを調べます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME